グランデ・サンショーの新築施工・管理とは、一言でいうと新築住宅建設における「現場総監督」。
住宅が建つまでには様々な工程を経て、それぞれの工程で多くの協力業者が関わります。
グランデ・サンショーは、お客様・社内の営業・コーディネーター・協力業者と工事に関する段取りを行い、現場がスムーズに進行していくための指揮者のような役割を担っています。
公共事業の一端を担う事もあり、各専門業者と連携し安心安全な施工を心がけています。
これから、様々な新築施工・管理物件をご紹介していきます。

 

■ 改修に伴う外壁工事:臼杵市 公衆トイレ

 老朽化した臼杵市の公衆トイレの改修工事の一端を某建設会社より依頼されました。
今回は土木・屋根・樋工事は建設会社担当で、弊社は既存の鉄筋コンクリートの壁にカバー工法で窯業サイディングを施工しました。

●工期:約3週間 ●ご予算:○○○円程度
 

▼ まずは基礎工事

 大工さんの丁寧な作業によって既存の鉄筋コンクリートの壁の周りに新たな木の骨組みが完成。
サッシは既存の物を再利用。普段の住宅とは違う納まりに。

臼杵市公衆トイレ改修工事  
1.  
臼杵市公衆トイレ改修工事  
2.  

 

 

 

▼ ここから当社の出番です

臼杵市公衆トイレ改修工事  
1.
まずは防水透湿シートの貼り付け作業から。
下段から施工することで水滴が侵入してくるのを防ぎます。
 
   
臼杵市公衆トイレ改修工事  
2.
土台に水切り・サイディングの
スタート部材を設置。
それの上にサイディングを乗せて行きます。
 
   
臼杵市公衆トイレ改修工事  
3.
次に通気工法の金具で固定。
しっかりと隙間の無いよう
ビスで固定しています。

 
 
   
臼杵市公衆トイレ改修工事  
4.
サイディング同士の繋ぎ目には、
シーリングを長持ちさせるために鋼板のジョイナーを入れ3面接着を防ぎます。
 
   
臼杵市公衆トイレ改修工事  
5.
ここまでの施工を繰り返し、
どんどん上に張り上げて行きます。
(同時に大工さんが軒天施工中!)
 
   

 

臼杵市公衆トイレ改修工事  
6.
今回はデザイン上二重の破風構えなので、屋根の軒先に破風板を回し
弊社担当のカバー工法での窯業サイディング施工は完了です。
 
   

 

Google Maps